建設系CPDプログラム : プログラム詳細

トップページ > 検索条件 > 検索結果 > プログラム詳細

プログラムの詳細情報です。
「詳細情報・申込」をクリックすると、実施団体による詳細情報のページに移動します。
プログラム名 第2回 構造工学DXセミナー
主催者 構造工学委員会 三井物産委託研究小委員会
開催日 22/01/19 (1日間)
開催場所 【オンライン】YouTubeによるオンライン配信
(東京都 新宿区)
定員 1000名
料金 無料
CPD単位
(取得目安)
0.9CPD単位 対象者 初級,中級
プログラムの形態 セミナー 教育分野 G,L
プログラムの目標 種々のハザードマップや橋梁の定期点検結果など,社会インフラに係る多くのデータが蓄積されつつあります.インフラのメンテナンスや防災に関する技術の高度化,および,持続可能かつレジリエントなインフラの実現を目標に,蓄積されたデータの新たな活用方法を見出す手がかりとして,インフラデータプラットフォームや新技術の活用事例を学びます.
プログラムの内容
(講師と演題)
15:00〜15:05 開会挨拶:構造工学委員会委員長 岩城一郎
15:05〜15:55 話題提供「AIとデータプラットフォームを活用したインフラ維持管理に向けて」
東京大学 大学院工学系研究科 総合研究機構 特任准教授 全 邦釘
15:55〜16:00 閉会
その他
(アンケート実施の有無など)
詳細情報・申込