建設系CPDプログラムの取得単位を複数の構成団体に登録する場合


建設系CPDプログラムの取得単位を複数の構成団体に登録する場合には、以下の点にご留意下さい。

■構成団体独自ルールの尊重
 建設系CPD協議会では、構成団体ごとに定めた独自のルールを尊重することとなっています。
 CPD単位登録を受ける団体のルールに従い単位換算又は登録が認められない場合もあります。
 詳しくは各構成団体のCPD登録ルールをご確認下さい。

■CPD単位の登録に必要な証明書類
 CPD単位を登録するためには、講習会、セミナー、講演会、シンポジウムなどの受講を証明する書類が必要となります。
 必要な証明書類は、CPD単位登録を申請する団体によって以下のように異なります。
・地盤工学会、全国土木施工管理技士会連合会、農業農村工学会
 申請者が講習会、セミナー、講演会、シンポジウムなどを受講したことを講習会主催者が証明する正式な書類が必要となります。 他団体主催の講習会、セミナー、講演会、シンポジウムなどを受講するときは、受講前に「建設系CPD協議会構成団体主催CPD申請書・受講証明書」をダウンロード・印刷・必要事項記入の上、講習会受講時に持参して主催者の証明印をもらってください。
 その後、各団体のルールに従いCPD申請を行ってください。
 なお、主催者の証明印は参加当日しか押印できませんので、参加当日は忘れないようにご注意ください。

「建設系CPD協議会加盟団体主催CPD申請書・受講証明書」WORD (28kb)
「建設系CPD協議会加盟団体主催CPD申請書・受講証明書」PDF (88kb)

・上記3団体以外
申請にあたって所定の書類はありませんが、それぞれの団体のルールに従って、講習会参加券や参加費領収証などをご自身で保管してください(団体から提出を求められる場合があります)。


建設系CPD協議会加盟団体主催のCPDプログラムを受講する場合のプログラム申込みからCPD申請までの流れ

地盤工学会、全国土木施工管理技士会連合会、
農業農村工学会の方
左記3団体以外の方
建設系CPD協議会加盟団体主催のCPDプログラムに申込み
建設系CPD協議会加盟団体主催のCPDプログラムに申込み
建設系CPD協議会加盟団体主催CPD申請書・受講証明書をダウンロード
※建設系CPD協議会のwebページに掲載されています
建設系CPD協議会加盟団体主催CPD申請書・受講証明書に記入・印刷
※プログラム情報は建設系CPD協議会「プログラム情報検索システム」に
掲載されていますが、詳細は開催団体に確認してください。
建設系CPD協議会加盟団体主催のCPDプログラムを受講
建設系CPD協議会加盟団体主催のCPDプログラムを受講
※印刷した受講証明書を忘れずに持参する
※講習会参加券や参加費領収証などの受講を
証明する書類をご自身で保管してください
受講後に主催者の証明印をもらう
※主催者の証明印を後日もらうことはできません
各団体のルールに従ってご申請ください。
自団体のwebページ、メール、郵送などでCPD登録を申請
※申請方法は各団体によって異なります